/

この記事は会員限定です

建機・車部品も「空」へ、機体やエンジン 崩れる障壁

(気流に乗れ 中部航空機産業)

[有料会員限定]

世界の航空機産業が大きく変わろうとしている。米ボーイングはブラジルのエンブラエルから小型旅客機事業を買収し、三菱重工業は国産民間ジェット機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の開発で背水の陣を敷く。機体やエンジン関連を中心に国内の航空機生産額の過半を占める中部・北陸5県(愛知、岐阜、三重、石川、富山)の企業も新たな競争時代を迎える。

石川県小松市の建機部品メーカー、北菱。油圧ショベルのアーム部分などで知る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1732文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン