2019年6月27日(木)

関西発「スポーツCAFE」

フォローする

オリックス、主将に2年目福田 チーム刷新の象徴

2019/2/23 6:30
保存
共有
印刷
その他

プロ野球の「主将」に、どのような存在意義があるのか。アマなら率先垂範、チームの結束を固める上で欠かせない。だが、プロではチーム事情によって必要とせず、空席のところもある。

オリックスが今季、4年ぶりに主将を置いた。巨人・坂本勇人、DeNA・筒香嘉智のような実力者がプレーでチームを引っ張るのが、普遍的な主将の姿。ところが、新監督西村徳文が指名したのは入団2年目、26歳の福田周平だった。

福田は2018年にNTT東日本からドラフト3位で入団した右投げ左打ちの内野手。身長169センチと小柄で長打力を欠くが、俊足、好守には定評があった。17年の都市対抗で首位打者になり、最優秀選手にあたる橋戸賞を受賞した。

福田(手前)の主将抜てきはチーム刷新の象徴でもある=共同

福田(手前)の主将抜てきはチーム刷新の象徴でもある=共同

広島・広陵高と、明大時代に選ばれた大学日本代表で主将を務めた経験があり、"キャプテンシー"に関しても問題ない。だが、なんといってもまだ入団2年目。新人時代に後半戦での活躍で二塁の定位置についたが、安定した力がついたとはいえない。

それでも西村監督は就任間もない昨年、高知での秋季練習で早々と福田に主将内定を伝えた。福良淳一前監督のもとでヘッドコーチを務め、福田の資質を見極めていた。チームに問題点は多いが、とりわけ大きなポイントは1、2番打者と二遊間の固定、それに足を使った攻撃の敢行だった。その問題点のどれにも福田が絡んでおり、この新主将こそチーム躍進のキーマンであると決め、少し重い責任を負わせたのだ。

18年のオリックス打線では、1番に12選手、2番に11選手が入れ替わり立ち代わり登場した。故障者が多かったこともあるが、この状態では吉田正尚ら中軸打線のパワーも生かされない。福田は113試合に出場。打率2割6分4厘、16盗塁とまずまずの成績を残した。

1、2番でよく起用された。ただ、1番だとパンチ不足で、相手に弾頭の脅威を与えられない。2番でも右へ引っ張る当たりが少なく、こぢんまりした攻撃にとどまった。積極攻撃を目指す西村野球を実現するためには、快足の福田が引っ張る打力を備えることが欠かせない。

オリックスは1996年に日本一になって以来、22年間も優勝から遠ざかっている。そのチームから金子弌大(現日本ハム)、西勇輝(現阪神)の両主力投手が抜け、ベテラン野手の中島宏之(現巨人)、小谷野栄一(引退)も去った。若い主将は、チーム刷新の意気込みを示す象徴でもあるのだ。

(スポーツライター 浜田 昭八)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
チームで貴重な長距離打者の頓宮の今後が注目される共同

 見せるプロ野球だから“華”が欲しい。だが、オリックスには地味なタイプの選手が多い。フルスイングの吉田正尚が目立つぐらい。そこへ、パワフルで明るい男がやってきた。ドラフト2位の頓宮裕真(22)である。 …続き (6/22)

糸原はベテラン投手にも自然に振る舞えるようになった共同

 阪神・糸原健斗のユニホームの胸に光る「C(キャプテン)」マークは、チーム若返りの象徴だ。矢野燿大監督のもとに改革を目指す阪神は大胆に若手を抜てき。その先頭に入団3年目、26歳の糸原を立て、主将にした …続き (5/26)

西浦は守備範囲の広さと強肩がセールスポイント共同

 大学や社会人野球でもまれた精鋭が集まるプロ野球で、高卒選手がいきなり活躍するのは難しい。特に野手がレギュラーになるには時間がかかる。だが今季、オリックス・西浦颯大がその壁に挑む。高知・明徳義塾高から …続き (4/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]