/

この記事は会員限定です

新潟コシヒカリ先物、個人マネーじわり流入

[有料会員限定]

大阪堂島商品取引所のコメ先物市場に投資資金が流入し始めた。主力の新潟コシヒカリ先物は、取引規模の目安になる未決済の契約残高(建玉)が2月下旬時点で590枚(1枚1.5トン、売り買い平均)と2018年末比4倍になった。金額では約2億4000万円だ。コメの不作を背景に先物価格が上昇するなど関心が高まっている。取引に厚みが増せば、流通業者などはコメの価格変動リスクを回避しやすくなる。先物価格の指標性も高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1665文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン