/

島根県が「竹島の日」式典 内閣政務官が出席

(更新)

韓国が実効支配する竹島(島根県隠岐の島町)を巡る領土問題の解決を訴えるため県が条例で「竹島の日」と定めた22日、県は溝口善兵衛知事らが出席して「竹島の日」式典を開いた。政府は安藤裕内閣府政務官を派遣。政務官出席は7年連続となる。松江市では右翼団体関係者が領有権を主張する演説を繰り広げ、午前から騒然とした。

 島根県の竹島資料室周辺を警備する警察官ら(22日午前、松江市)=共同

2月22日を竹島の日と定めた県条例に基づく式典は14回目。韓国人元徴用工訴訟の対応や、韓国海軍艦艇による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題などで日韓関係の冷え込みが著しい中での開催となった。

溝口知事はあいさつで、韓国は「政府・国会関係者の竹島への上陸など竹島の占拠を既成事実化しようとしている」と批判した。日本政府に「韓国の動きに毅然とした姿勢で対応するよう強く望む」と述べた。

式典会場の島根県民会館周辺では、抗議する韓国人活動家と右翼団体メンバーの間の小競り合いを警戒する警察官数百人が警戒に当たった。右翼団体メンバーらは旭日旗が書かれた街宣車で乗り付け、大音量で「失地を回復せよ」と演説を繰り返した。

式典に先立ち、安藤政務官は松江市にある県の竹島資料室を視察した。

安藤政務官を派遣した政府には「竹島は歴史的事実に照らしても、国際法上も明らかにわが国固有の領土」(宮腰光寛領土問題担当相)との立場を明確にし、国内外に理解を訴える狙いがある。

政府は1905年1月、竹島の編入を閣議決定し、島根県は同年2月22日に編入を告示した。韓国は54年から実効支配を続けている。告示から100年を迎えた2005年、県は条例で2月22日を「竹島の日」と定め、06年から毎年松江市で式典を開催している。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン