2019年8月23日(金)

二審も国に40万円賠償命令 独房に長期収容「違法」

2019/2/22 9:01
保存
共有
印刷
その他

熊本刑務所に服役中の男性受刑者(36)が、監視カメラ付き独房に長期間収容されたのは違法だとして、国に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、福岡高裁は21日、「監視の必要がなくなったのに収容を続けたのは違法だ」として、一審・熊本地裁判決に続き40万円の支払いを命じた。

阿部正幸裁判長は、男性が職員に反抗的な態度を取らなくなった後も、刑務所側が約3カ月間独房に入れ続けたことを違法と判断。「動静を綿密に観察する必要はなかった」と述べた。

判決によると、男性は刑務官の顔を殴ったとして、2013年3月から10月まで約7カ月間独房に収容された。一審判決の賠償額などを不服として男性が控訴。国は控訴しなかった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。