2019年9月20日(金)

はやぶさ2、着陸成功 小惑星探査で偉業

2019/2/22 7:53
保存
共有
印刷
その他

探査機「はやぶさ2」の着陸を祝い、管制室で記念撮影するJAXAの関係者ら(22日午前、神奈川県相模原市)=JAXA提供

探査機「はやぶさ2」の着陸を祝い、管制室で記念撮影するJAXAの関係者ら(22日午前、神奈川県相模原市)=JAXA提供

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、探査機「はやぶさ2」が地球から約3億キロメートル離れた小惑星「りゅうぐう」に午前7時29分着陸したと発表した。岩だらけの地表で半径わずか3メートルの場所を狙って着地した。小惑星への着陸は世界でも2005年の初代「はやぶさ」以来、2例目。極めて高い精度の着陸をなし遂げ、日本の技術力を証明するとともに小惑星探査で世界に存在感を示した。

【関連記事】「神様は優しくなかった」 はやぶさ2の大冒険

JAXA相模原キャンパス(相模原市)で記者会見した吉川真ミッションマネージャは「着陸に成功し、すぐに上昇した。地表の岩石を採取するための弾丸を発射した信号も確認した」と語った。成功の要因としてりゅうぐうの地形を画像で詳細に解析できたことなどを挙げた。

はやぶさ2は22日午前6時すぎから最終の降下を始めた。地球からの指示が届きにくい最終盤はカメラや高度計を駆使した自動運転に入り着陸した。岩石を採取するため地表に弾丸を発射したが、採取できたかわかるのは回収カプセルが地球に戻ってからになる。

小惑星の岩石は太陽系が46億年前に生まれたころの痕跡を残す「タイムカプセル」。今後は19年夏までに再び着陸に挑み、20年末までに地球へ帰還する。宇宙の成り立ちや生命誕生の謎を探る今後に期待が膨らむ。

はやぶさ2は10年に小惑星「イトカワ」の微粒子を地球に持ち帰った初代はやぶさの後継機。14年12月に種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げ、18年6月にりゅうぐう周辺に到着した。地球帰還までの総事業費は約289億円を見込む。

小惑星探査の狙いの一つは「地球の生命はどこからきたのか」という人類の根源的な問いに答えることだ。りゅうぐうは直径約900メートル。生命の元となる有機物や水分を含む岩石が豊富とされる。かつて地球に衝突した小惑星が有機物などをもたらし生命誕生を促したとの仮説がある。小惑星は火星と木星の間に多いが、火星と地球の間にあるりゅうぐうは岩石を地球に持ち帰って調べやすく、目的地に決まった。

月や火星、その先の天体に向かう技術力を世界に示す思惑もある。はるか遠くの小惑星に搭載カメラの画像や星の位置を頼りに近づき、ピンポイントで降りる。こうした手順や経験は強みになる。

米航空宇宙局(NASA)も「米国版はやぶさ」と呼ばれる小惑星探査機「オシリス・レックス」を小惑星「ベンヌ」周辺に到着させた。20年に岩石を採取し、23年に地球に運ぶ予定だ。はやぶさ2の成否に関心を寄せているという。

【関連記事】
はやぶさ2着陸 目標は半径3メートルの円
宇宙開発競争、日本の存在感増す はやぶさ2着陸成功
はやぶさ2着陸成功 管制室に歓声
Q&A はやぶさ2は何をしにりゅうぐうへ?
キーワード「はやぶさ2」の記事まとめ読み
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。