豪、「紅い侵略」に危機感
(真相深層)

2019/2/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オーストラリア政府が多額の政治献金で知られた中国人実業家、黄向墨氏の永住権を取り消した。帰化申請も却下された黄氏は豪州に入国できないまま香港に滞在中とされる。事実上の国外追放に踏み込んだのは、政治や世論にじわじわと中国の影響を刷り込もうとする「シャープパワー」への警戒がある。

関連企業を通じて与野党に計約200万豪ドル(約1億5千万円)もの献金をし、前首相ら政財界の大物と共に写真に納まる――。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]