/

この記事は会員限定です

巡回点検せず虚偽報告、7年間で137回 都の外郭団体

[有料会員限定]

東京都の外郭団体「東京水道サービス」(東京)が、都水道局から委託された資材置き場の巡回点検を行わなかったにもかかわらず、実施したとする虚偽の報告を繰り返していたことが21日、関係者への取材で分かった。虚偽報告は2018年4月までの7年間で137回に上った。都は同団体に対し、管理体制の改善を指導した。

東京水道サービスは都が出資し、指導監督する外郭団体。情報提供を受けて都が2018年12月~19年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り421文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン