新潟経済、雪不足に悲鳴 営業日6日のスキー場も

2019/2/22 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今冬の新潟県内は例年より大幅に雪が少なく、地域経済に影響が及んでいる。自治体や企業では道路や店舗などの除雪にかかる労力や費用が減っているが、スキー場や観光業界では雪不足のため利益が激減しているところもある。ホームセンターは除雪用品の販売不振を補うため、春の新生活用品の売り出しを前倒しするなど知恵を絞っている。

「22日時点の営業日はたったの6日間。これまでで最も少ない」。長岡市営スキー場を所有す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]