2019年7月21日(日)

サムライインキュベート、新ファンド34億円に

2019/2/21 19:00
保存
共有
印刷
その他

起業家支援のサムライインキュベート(東京・品川、榊原健太郎社長)は21日、2018年7月に設立した6号ファンドが目標額の30億円を上回る34億5000万円で組成を完了したと発表した。京浜急行電鉄ダイキン工業など多数の大企業から出資を受けた。投資先スタートアップと大企業をつなぐオープンイノベーション支援を本格的に始める。

サムライインキュベートの榊原健太郎社長(左から3人目)ら

住友生命保険、セイノーホールディングスセプテーニ・ホールディングス前田建設工業マネックスグループ丸井グループロート製薬などの大企業のほか、個人投資家の千葉功太郎氏から出資を受けた。

6号ファンドでは創業期のスタートアップに1社あたり1000万円前後を投資。成長段階に応じて追加投資も行い、総額5000万円程度を投じる。日本だけでなく、イスラエルやアフリカにも投資し、すでに12件の投資を実行済みという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。