2019年8月20日(火)

英欧の金融決済 金融街市長「悪影響出ない」 1年猶予で混乱回避策

金融最前線
2019/2/22 11:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

英国と欧州連合(EU)の金融当局は英国が合意なしでEUから離脱しても1年間は決済を現状維持することを確認し、ひとまず金融システムの混乱を回避する対策案をまとめた。英金融街シティーのロードメイヤー(市長)、ピーター・エストリン氏が日本経済新聞の取材に応じ、「金融派生商品(デリバティブ)取引などに悪影響が出ないよう準備ができている」と強調した。

英国のEU離脱は予定日の3月29日まで40日間を切り、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。