豪ドルが乱高下 中国の豪石炭輸入禁止など受け

2019/2/21 18:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

21日の外国為替市場でオーストラリア(豪)ドルが乱高下した。対円では午前中に強い雇用統計を受けて1豪ドル=79円台後半まで上昇したものの、午後にかけて78円台前半へと約1円強(1.7%)急落した。豪中銀の利下げ観測や中国の大連港が豪州からの石炭輸入を禁止したとの報道などが材料視され、豪ドルの売りが強まった。

午前中豪ドルが買われていたのは、日本時間午前9時30分に公表された1月の豪雇用統計で雇用…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]