/

この記事は会員限定です

バークレイズ、太陽光発電債を販売

[有料会員限定]

バークレイズ証券は太陽光発電事業から得られる収益を裏付けに新型のグリーンボンド(環境債)を22日に組成し、機関投資家に販売する。太陽光発電事業者が89億円を調達して発電施設の建設に充て、売電収入から元利金を払う仕組み。再生可能エネルギー分野が運用マネーの新たな受け皿に育ちつつある。

調達資金は再生エネ発電施設の開発・運営などを手掛けるリニューアブル・ジャパン(東京・港)が北海道登別市に計画している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン