振り込め詐欺の電話を警告、ワイモバイル

2019/2/21 12:04
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクは21日、格安ブランドの「ワイモバイル」で、高齢者向けのスマートフォン(スマホ)に振り込め詐欺の電話を警告する機能を搭載すると発表した。警察などからの情報提供をもとに危険な電話番号のリストを作成。発着信の際に自動で警告を表示する。電話による詐欺が増えるなか、安心感をアピールして販売増につなげる。

詐欺業者などからの電話を警告する

2018年8月に発売した独自商品「かんたんスマホ」に、28日から標準搭載する。すでに購入した人も端末のソフトウエアをアップデートすることで機能を使えるようになる。

詐欺業者などの電話番号リストは警察などの情報提供のほか、ソフト開発のトビラシステムズ(名古屋市)と連携して作成した。振り込め詐欺や悪質なセールスなどを自動で警告するほか、着信拒否もできる。

また企業や公共機関からの着信については、企業名や機関名を自動で表示する機能も備えた。知らない番号からの着信を判別しやすくする。

シニア向けにシンプルな機能に特化した「かんたんスマホ」は、60歳以上を中心に人気を集めている。ワイモバイルによると、18年8月~19年1月の60歳以上の新規加入者は前年同期に比べて50%以上増えたという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]