2019年5月25日(土)

オレオレ・架空請求・還付金… 18年詐欺被害356億円

2019/2/21 10:16
保存
共有
印刷
その他

警察庁の集計(暫定値)によると、2018年に全国の警察が確認した特殊詐欺は計1万6493件(前年比9.4%減)で、被害額は計356億8千万円(同9.6%減)だった。認知件数は8年ぶりの減少、被害額は4年連続の減少となったが、警察庁は「依然深刻な情勢」としている。

都道府県別では、41道府県で認知件数が減る一方、東京や神奈川、埼玉、大阪で増加。都市部への集中が浮き彫りになった。

特殊詐欺は、電話や電子メールを用いて面識のない相手を信じ込ませ、銀行口座に振り込ませるなどして金をだまし取る犯罪の総称。「オレオレ」「架空請求」「融資保証金」「還付金」の4つに分類する振り込め詐欺のほか、「金融商品取引」や「ギャンブル必勝法情報提供」などを名目にした詐欺も含む。

内訳はオレオレ詐欺が最も多く、認知件数は9134件(同7.5%増)、被害額は182億8千万円(同12.1%減)。架空請求詐欺(4852件)と還付金詐欺(1910件)はいずれも件数が前年を下回った。

手口はキャッシュカード手交型が認知件数の35.1%を占め、現金手交型(26.6%)、振込型(18.1%)を上回った。高齢者による多額の出金・振り込みを制限する対策が広がったためとみられる。被害者の78.0%が65歳以上の高齢者。割合は前年より5.5ポイント上昇した。

摘発人数は2747人で、前年から1割以上増えた。27.4%が少年で、同庁は受け子などの低年齢化が進んでいるとみている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報