/

この記事は会員限定です

「ネット+人手」アジア勢急伸 配車や出前、生活密着

[有料会員限定]

アジア独自のネット経済圏が力を増している。米ネット大手が動画配信や配車サービスなど各分野で巨人を生んだのに対し、アジアは生活を支えるサービス全般を囲い込むのが特徴だ。配車大手グラブを創業したアンソニー・タン氏は、医療や娯楽サービスも含め「米国にない強力なアプリにする」と意気込む。二輪運転手の「人手」や屋台など地元に深く根ざすだけに、米ネット大手ですら参入は容易でない。

アジアの新興国ではネット通販...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1236文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン