/

この記事は会員限定です

4~12月期の純利益増加率 三菱重・IHI、上位に

[有料会員限定]

上場企業の2018年4~12月期は純利益の合計が前年同期比で微増にとどまった。世界景気の先行き不安などから減速感は強まっている。その中で利益を伸ばした企業はどこか。純利益の前年同期比の増加率を調べたところ、上位には大型事業での採算改善や思い切った構造改革を進めた企業が目立った。

2位の三菱重工業は火力発電機器やフォークリフトが好調。民間ジェット旅客機「MRJ」で想定外の損失がなくなったことも大きく、純利益は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り388文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン