/

この記事は会員限定です

「火星に水」証拠つかんだ米探査車、15年の活動終える

[有料会員限定]

米航空宇宙局(NASA)が13日、15年にわたって火星を調査してきた探査車「オポチュニティー」の活動を終了すると発表した。昨年、火星で発生した大規模な砂嵐の影響から回復できなかった。しかし幾度かの故障などの困難を乗り越えた長年の調査で、火星の地表にかつて大量の水があった証拠を見つけるなど、火星の歴史を塗り替える大きな成果を残した。

「火星の科学に飛躍的な進歩をもたらした」。火星に詳しい東京大学教授...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1557文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン