/

この記事は会員限定です

紅白で注目、訪日客に期待 田中・大塚国際美術館常務理事

トップに聞く

[有料会員限定]

大塚国際美術館(徳島県鳴門市)の来館者数が伸びている。徳島県出身の歌手、米津玄師さんが昨年のNHK紅白歌合戦で演出の舞台として選び、知名度が全国的に上昇したのがきっかけだ。1998年の開館時から運営を率いてきた田中秋筰常務理事に、この盛り上がりを一過性にしないための戦略を聞いた。

――年明け以降、来館者が増えています。

「1月は昨年に比べて約5割は増えたようだ。紅白歌合戦の効果で米津さんのファンに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン