2019年4月21日(日)

低糖質スイーツ、売上5%を奨学金に 高知で発売

サービス・食品
中国・四国
2019/2/21 6:00
保存
共有
印刷
その他

糖尿病などで糖質制限している人も食べられる低糖質菓子の販売が高知県内で23日から始まる。小麦粉の代わりに食物繊維を使うなどして糖質を抑えながら甘みを引き出した。県内の障がい者施設などで製造し、売上高の5%を完全給付型の奨学金制度に寄付する。

高知の食材を使った焼き菓子などを開発した

商品開発した福永さん(右)と立田さん(高知県南国市)

糖尿病を患う親友の願いを受けて菓子メーカー、スウィーツ(南国市)の福永稔相談役が発案。同市内で洋菓子店「シャン・クレール」を営む立田俊二さんと開発した。ケーキなど計11品で、一般的な商品と比べ糖質を90%以上抑えたという。

カツオ味のラスクの場合、1枚(2.5グラム)あたりの糖質は0.18グラム。砂糖の代わりに天然由来の甘味料、小麦粉の代わりにアカシアの食物繊維などを使って実現した。

福永さんは「健康志向の人などもぜひ味わって。商品を通じて障がい者や苦学生の一歩を後押ししたい」と意気込む。まずシャン・クレールや一部の道の駅で発売し、製造施設や販売店を募る。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報