つくば研究支援センター、台湾の研究機関と相互協力

2019/2/20 22:00
保存
共有
印刷
その他

茨城県の第三セクター、つくば研究支援センター(茨城県つくば市)は20日、台湾の研究機関、工業技術研究院(ITRI)産業サービスセンターと相互協力に関する覚書を結んだ。両地域のスタートアップの交流を促し、産業振興につなげたい考えだ。

相互協力の覚書を結んだつくば研究支援センターの斎田陽介社長(左)と台湾の工業技術研究院産業サービスセンターの劉佳明センター長(20日、茨城県つくば市)

ITRIは産業技術開発を行う台湾最大の研究機関。産業サービスセンターは研究成果を活用した技術提携やスタートアップの育成、販路開拓などを支援している。

覚書ではスタートアップの成長に有益な情報の交換や支援措置に関する意見交換、相手地域の訪問時の現地での支援への配慮などを盛り込んだ。

両者は日本貿易振興機構(ジェトロ)茨城貿易情報センターの「地域間交流支援事業」を活用。2016年度から両地域の企業が交流し、部品調達や販路開拓などを進めてきた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]