2019年3月23日(土)

水戸の明利酒類、「印籠」あしらった芋焼酎

北関東・信越
2019/2/20 22:00
保存
共有
印刷
その他

老舗酒造会社の明利酒類(水戸市)は21日、水戸黄門でおなじみの「印籠」をモチーフにした芋焼酎を発売する。原料のサツマイモには茨城県産のみを使った。「インパクトのある商品」(同社)として水戸や茨城の魅力をアピールする。

印籠を容器の中央にあしらいインパクトのある商品に仕上げた

商品名「本格芋焼酎 この印籠が目に入らぬか」のとおり、印籠を容器の中央部にあしらった。内容量は200ミリリットルで、小型のウイスキー瓶を採用した。「形状も印籠に似せており、気軽に持ち運んでほしい」(同社)との思いも込めている。

販売価格は税抜き600円で、アルコール分は25%。県内の土産物店や酒屋などで販売する予定だという。16日から水戸の梅まつりが始まったことも踏まえ、県外からの観光客を中心に、土産物として手にとってもらいたい考え。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報