/

この記事は会員限定です

郊外店に地域色 阪急阪神百貨店、川西・千里・西宮の3店を改装

[有料会員限定]

阪急阪神百貨店は郊外店の改革に乗り出す。婦人服などアパレル販売を中心とした横並びの売り場づくりを改め、地域の特性に応じた独自色を打ち出す。まず川西阪急(兵庫県川西市)など3店舗を改装し、3月にオープンする。郊外店の低迷は百貨店業界の共通の悩み。他社がテナントの導入を進める中、阪急阪神百貨店は地域密着で郊外店の復権を目指す。

改装するのは、川西阪急のほかに千里阪急(大阪府豊中市)と西宮阪急(兵庫県西...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1273文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン