/

OPEC原油輸出量、2015年以来の低水準へ FT報道

石油輸出国機構(OPEC)加盟国の2月の原油輸出量が、2015年以来の低水準になりそうだ。英フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた。原油価格を維持するため2018年12月に非加盟国とも合意した協調減産に加え、ベネズエラやイランに対する米国の経済制裁が影響したとみられる。

FTの取材に応じた原油の出荷量を追跡する調査会社の情報によると、2月前半の輸出量は日量2350万バレル程度だった。このままの水準で推移すれば、2月を通じた輸出量は12月比で日量200万バレル以上減る見込みという。

2月前半の輸出量はOPEC最大産油国のサウジアラビアが日量690万バレルと11月比で17%減、米国の経済制裁を受けるベネズエラは日量110万バレルと同27%減少した。イランは日量120万バレルと、1年前に比べ半減したもようだ。

OPECは原油価格を押し上げるため、ロシアなど主要な非加盟国と1月から6カ月間、日量120万バレルの協調減産を実施することで合意した。ロンドン市場の北海ブレント原油先物は18年末の1バレル50ドル台前半から上昇し、足元では60ドル台半ばで推移している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン