中部電、AIで省エネリポート自動作成 法人向け

2019/2/20 19:11
保存
共有
印刷
その他

中部電力は人工知能(AI)を活用して省エネに関するリポートを自動作成するサービスを始めた。法人客が対象で、季節ごとの電力需要を分析したり、電力使用量を同業他社と比較したりしながら顧客に合わせた省エネを提案する。

法人客向けインターネットサービス「ビジエネ」の会員であれば無料で利用できる。登録すると月に1度、メールでリポートが送られる。リポートではAIが電力の使用割合が高い設備を判定し、照明や空調の設定変更などを提案する。

契約電力が500キロワット以上、または特別高圧契約の場合、サービス開始は4月中旬になる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]