中国シートリップ、つまずいた旅行サイトの巨人
架空予約問題、信頼回復急ぐ

2019/2/21 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国のネット旅行最大手の携程旅行網(シートリップ)。人工知能(AI)やビッグデータを活用した旅行テックという最新技術でスマートフォン(スマホ)アプリの操作性を高め、中国では6割のシェアを占める。海外進出も積極的だ。ただ日本では昨年末の架空予約問題で足をすくわれた。信用回復のための体制立て直しを急ぐ。

上海虹橋空港の近くにある本社。日本では、見直し前の新国立競技場をデザインしたことでも知られるイラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]