浜松ホト、X線検査用の光源事業強化

2019/2/21 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

浜松ホトニクスはX線検査装置用の光源事業を強化する。中国で電気自動車用のリチウムイオン電池向けの需要増に対応するもので、主力製造拠点の新棟も着工した。米中貿易戦争の影響などで中国向け事業には不透明感も出てきているが、成長分野に照準を合わせる。2018年9月期で約50億円だった関連売り上げを5年で80億円に増やす狙いだ。

X線検査装置に使うマイクロフォーカスX線源の事業を強化する。大きさが数マイク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]