/

この記事は会員限定です

[FT]温暖化の要因「牛のげっぷ」、食品業界動かす

[有料会員限定]
Financial Times

複数の専門家によると、肉の過剰消費と家畜から出る温暖化ガスに関する懸念が多くの課題を業界に突きつけることから、食品産業が激変に向かっている。

畜産に対する課税の可能性も

 英大手銀バークレイズのアナリストらは、酪農家、穀物加工業者からファストフードチェーン、小売店に至るサプライチェーン(供給網)が、炭素税のほか、飲料メーカーに課された「砂糖税」に似た「肉税」に見舞われる可能性があると予想した。

「げっぷをする牛は、この惑星上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン