[FT]温暖化の要因「牛のげっぷ」、食品業界動かす

2019/2/21 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

複数の専門家によると、肉の過剰消費と家畜から出る温暖化ガスに関する懸念が多くの課題を業界に突きつけることから、食品産業が激変に向かっている。

■畜産に対する課税の可能性も 英大手銀バークレイズのアナリストらは、酪農家、穀物加工業者からファストフードチェーン、小売店に至るサプライチェーン(供給網)が、炭素税のほか、飲料メーカーに課された「砂糖税」に似た「肉税」に見舞われる可能性があると予想した。

「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]