採算軽視、アジア高速鉄道計画が運ぶもの
アジア・エディター 高橋徹

Asia Analysis
2019/2/21 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2月27日に2度目の米朝首脳会談が開かれるベトナム。国際政治の駆け引きの舞台としてだけでなく、壮大なインフラプロジェクトでも世界の注目を集める。高速鉄道計画の「再起動」である。

2つは無関係ではない。昨年6月の最初の米朝首脳会談への地ならしとなった、4月の文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領との会談の際、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は「ベトナム式の改革を推進したい」と伝えたとされる。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]