2019年3月23日(土)

ダウンロード違法化「検討不十分」 法学者らが声明

2019/2/20 12:09
保存
共有
印刷
その他

漫画などの海賊版対策として違法ダウンロードの対象を拡大する著作権法の改正を巡り、法学者や弁護士など計87人と1団体は20日までに「国民生活に及ぼす影響について十分検討されていない」として慎重な議論と規制対象の限定を求める声明を公表した。

声明は中山信弘東京大名誉教授らが呼びかけ人となり、「拙速な法改正は情報収集の自由に過度の萎縮効果を及ぼし、著作権制度の妥当性について国民の信頼を失わせかねない」と批判。通常国会で法改正を行う場合、規制対象は「海賊版対策に必要な範囲に限定すべきだ」としている。

文化審議会の著作権分科会は13日、著作権法改正案のベースとなる海賊版対策の報告書を了承。海賊版と知りながらダウンロードする行為を違法とする対象を、現行の音楽や動画から漫画や雑誌などを含む全著作物に拡大し、悪質な場合は刑事罰も科すとした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報