愛知・田原の殺処分完了 豚コレラ、約1万7千頭

2019/2/20 11:15
保存
共有
印刷
その他

愛知県は20日、豚コレラ感染を相次いで確認した同県田原市の農家密集地「養豚団地」などで、全約1万7千頭の殺処分を完了した。死骸埋却や施設消毒といった防疫作業は24日までに終えるとしている。

団地内には14施設があり、このうちの1養豚場で13日に感染を確認し、14日には隣接施設でも判明した。県などは、団地の農家は車両などを共同使用しており、既にウイルスが広まっている可能性が高いと判断。感染の有無にかかわらず、全14施設と、団地内の農家が経営する団地外の2施設を処分対象とした。

豚コレラは昨年9月以降、5府県で確認された。今月19日には岐阜県瑞浪市の養豚場でも判明。同県海津市の施設が14日、瑞浪市と同県揖斐川町の養豚場に出荷したが、県は20日、海津市と揖斐川町では検査で陰性だったと発表した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]