2019年7月17日(水)

空自戦闘機、山口県沖に墜落 搭乗の2人救助

2019/2/20 10:36 (2019/2/20 10:49更新)
保存
共有
印刷
その他

20日午前9時18分ごろ、山口県沖の日本海で、訓練飛行をしていた航空自衛隊のF2戦闘機1機が洋上に墜落した。洋上で搭乗員2人を見つけて救助した。いずれも意識がある。空自は事故調査委員会を設置し、原因を調べている。F2戦闘機をはじめ全戦闘機の安全性の確認も始めた。

航空自衛隊のF2戦闘機(青森県三沢市)=共同

航空自衛隊のF2戦闘機(青森県三沢市)=共同

防衛省によると、F2は福岡県の築城基地所属。20日午前8時48分に同基地を離陸し、計3機で対戦闘機を想定した訓練中だった。同9時18分ごろ、F2の救難信号を確認。2分後にレーダーから機影が消えた。F2が訓練中に墜落するのは初めてという。

空自が捜索し、機影消失から約50分後に2人を発見し、収容した。1人は洋上で発煙筒をたいており、残る1人は手を振っていた。目立った外傷はないという。

菅義偉官房長官は20日午前の記者会見で「地元の皆様に大変ご不安を与えたことにおわびを申し上げる」と陳謝した。

岩屋毅防衛相は同日の衆院予算委員会で「部外への影響は現時点で確認されていない」と説明。「今後、原因究明をした上で再発防止に努める」と述べた。

レーダーから消えた場所は、築城基地の北東約130キロの海上。気象庁によると、山口県萩市では20日午前9時に風速2.6メートルを観測した。洋上では、20日夕方にかけて最大風速12メートルが予想され、強風に注意を呼び掛けていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。