/

高校でのいじめで賠償命令 元同級生3人に、福島地裁

福島県の私立聖光学院高に通っていた男性(20)が在学中、無理やり上半身裸にさせられた動画を会員制交流サイト(SNS)に公開されるなどのいじめを受けてうつ状態になったとして、元同級生3人に計約880万円の損害賠償を求めた訴訟で、福島地裁は計約160万円の支払いを命じる判決を言い渡した。19日付。

遠藤東路裁判長は判決理由で、男性に暴力を加え、人格を否定するなどの3人の言動を「執拗で悪質だ」と指摘。男性と3人は同じ柔道部員で「(いじめは)1年半以上の長期にわたり、特待生で入学した柔道部を退部せざるを得ない状況に男性を追い込んだ」として精神的苦痛を与えたと認めた。

判決によると、3人は入学した2014年の7月ごろから、他の部員の笑いを取るために男性に平手打ちをしたり、LINE(ライン)で「殺す」と大量のメッセージを送ったりするなどのいじめを繰り返した。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン