2019年8月22日(木)

台湾総統選 蔡総統、出馬の意向表明

2019/2/20 8:40
保存
共有
印刷
その他

【台北=伊原健作】台湾の蔡英文総統(62)は19日、約1年後に迫る次期総統選挙で再選を目指して出馬する意向を表明した。自身のツイッター上に「2020年に再選される自信がある。台湾の自由と民主主義を守り、(台湾の)2300万人の明るい未来を築きたい」と書き込んだ。

台湾の蔡英文総統(1月、台北市内)

台湾独立志向を持つ与党・民主進歩党(民進党)は18年11月の統一地方選で対中融和路線の最大野党・国民党に大敗し、蔡氏は責任を取り党主席を辞任した。党内では出馬意欲を示す蔡氏に反対する意見があり、蔡氏より独立志向が強い前行政院長(首相)の頼清徳氏(59)に期待する向きもある。ただ主流派は蔡氏を支持しており、蔡氏が党の公認候補に選ばれる可能性が高まっている。

民進党などは5月ごろまでに党内での議論や手続きを経て、正式に候補者を決める見通し。各党で候補者争いが活発化している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。