/

この記事は会員限定です

不動産融資に過熱サインか 新規は減速も残高減らず

[有料会員限定]

国内銀行の不動産融資の残高が過去最高を更新し続けている。昨年来、新規融資には減速感が出ているものの「ブレーキをかけても残高の減少が思ったよりも少ない」。日銀内からはこんな声が漏れる。日銀が金融活動の過熱度合いを測る指標で、不動産業向け融資がバブル期以来となる「過熱」サインを付ける可能性も出てきた。

日銀の「貸出先別貸出金」統計によると、国内銀行の不動産業向け融資の残高は2018年末時点で前年同期比5....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1115文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン