/

佐々木すみ江さんが死去 女優

(更新)

テレビドラマや映画で名脇役として活躍した女優の佐々木すみ江(ささき・すみえ、本名=青木すみ江=あおき・すみえ)さんが2月17日午後0時59分、肺炎のため都内の病院で死去した。90歳だった。連絡先は所属事務所のアルファエージェンシー。告別式は近親者で行った。

佐々木すみ江さん=共同

東京都出身。1951年に「その妹」で初舞台。71年に劇団民芸を退団するまで数多くの舞台に出演した。主な出演作に蜷川幸雄演出「にごり江」、井上ひさし作・木村光一演出「頭痛肩こり樋口一葉」など。

テレビドラマや映画などでも名脇役として活躍した。TBSドラマ「ふぞろいの林檎たち」では主人公の母親役を演じた。NHKの大河ドラマ「篤姫」では主人公の養育係を演じ「女の道は一本道でございます」の名ゼリフを残した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン