/

この記事は会員限定です

住み慣れた場で最期を 香川県医師会などが新組織

地域医療をひらく(下)

[有料会員限定]

団塊世代がすべて75歳以上の後期高齢者となる2025年に向け、地域の今後のあり方を模索する動きが四国で出ている。香川県医師会などは、住み慣れた場所で最期を迎えられるように、先駆的な取り組みを共有する新組織を立ち上げた。県医師会はかかりつけ医の不在時に対応する「副主治医制」の導入なども検討し、多死社会への備えを急ぐ。

「自分らしい暮らしを人生の最期まで」。こうした思いを胸に、香川県医師会や各地域の医...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1452文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン