2019年8月23日(金)

米で投与1回5000万円 超高額がん新薬、厚労省が了承

2019/2/20 6:00 (2019/2/20 21:47更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は白血病などのがん治療薬「キムリア」の製造・販売を了承した。注目されるのは「超」が付くほどの高い価格だ。米国では1回の投与で5千万円を超える。抗がん剤「オプジーボ」に続く超高額薬の登場は、公的医療保険でどこまでカバーすべきなのかという難しい問いを投げかけそうだ。

【関連記事】1回3349万円の白血病治療薬、保険適用を決定

キムリアは免疫細胞を活用して白血病を治療する効果の高いバイオ新薬だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。