医療機器のライフ、口腔水分計を量産 一般歯科向けに

2019/2/20 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医療機器製造販売のライフ(埼玉県越谷市)は、歯科医が患者の口の中の水分を計測できる水分計の量産に乗り出す。誤嚥(ごえん)性肺炎など口の乾燥が一因となる疾病への理解が進み、水分計を使った検査や治療が2018年度から健康保険の適用となった。これにより大学病院などに限られていた販路が、一般の歯科診療所まで広がると判断した。同社は03年に口腔(こうくう)水分計を開発、16年がかりで量産にこぎ着けた。

「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]