/

この記事は会員限定です

ブランド豚の大商金山牧場、和牛肥育に参入 輸出も視野

[有料会員限定]

食肉販売の大商金山(たいしょうかねやま)牧場(山形県庄内町)は和牛の肥育事業に参入する。同県最上町に設備を新設、繁殖牛の肥育を始めて山形牛を販売する。現在、ブランド豚「米の娘(こ)ぶた」の自社牧場を運営するが、日欧の経済連携協定(EPA)発効などで輸入品との競争激化が予想され、輸出競争力のある和牛で対抗する狙いもある。

繁殖牛50頭規模から始めて数年後には週に1頭ずつ出荷できるようにする。現在、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り557文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン