ブランド豚の大商金山牧場、和牛肥育に参入 輸出も視野

2019/2/19 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

食肉販売の大商金山(たいしょうかねやま)牧場(山形県庄内町)は和牛の肥育事業に参入する。同県最上町に設備を新設、繁殖牛の肥育を始めて山形牛を販売する。現在、ブランド豚「米の娘(こ)ぶた」の自社牧場を運営するが、日欧の経済連携協定(EPA)発効などで輸入品との競争激化が予想され、輸出競争力のある和牛で対抗する狙いもある。

繁殖牛50頭規模から始めて数年後には週に1頭ずつ出荷できるようにする。現在、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]