新潟県燕市の19年度予算案 一般会計2.4%増

2019/2/19 22:00
保存
共有
印刷
その他

新潟県燕市がまとめた2019年度予算案は、一般会計の総額が18年度当初予算比2.4%増の407億4400万円となった。直近10年間で最大だが、借金返済に充てる借換債を除いた実質的な予算額は321億1105万円と2番目に小さい規模となった。事業の選択と集中を一層進める中、子育て支援などに重点配分した。

人口などの増加に向けて、子育て支援や観光振興策を強化する。分水小学校区での保育園整備に4億5000万円、吉田南小学校区で放課後児童クラブの機能を備えた新施設整備に約6000万円を計上した。

4月に改装開業する産業史料館を拠点化。業務委託や、ものづくり体験などに約1500万円を計上した。国上山の遊歩道の案内図再整備など、景勝地の整備に約600万円を計上した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]