2019年6月26日(水)

もう1つの東電裁判、炉心溶融の連鎖は止められたか
科学記者の目 編集委員 滝順一

コラム(テクノロジー)
2019/2/25 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力福島第1原子力発電所の事故の際に、吉田昌郎所長(当時)が運転操作手順書を十分に参照しないで対応にあたったのは適切だったのか。現場の対応の是非を問う裁判が仙台地裁で進行中だ。日本原子力研究開発機構の元技術者、田辺文也氏(社会技術システム安全研究所長)は「手順書を参照していれば2号機、3号機の炉心溶融は防げた」と法廷で証言した。

この裁判は、福島から避難を余儀なくされた住民が故郷を失い精神的…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報