/

九州FG、テレワーク解禁 PC「のぞき見」防止

九州フィナンシャルグループ(FG)は、業務用パソコンを自宅や出張先に持ち出して仕事する「テレワーク」を解禁した。端末に顔認証技術を用いて第三者の「のぞき見」を防ぐセキュリティー対策を導入。すべての正社員が対象で、特別な許可は要らない。こうした取り組みは全国の金融機関で初めてという。

一人一台ずつ支給している業務用のノートパソコンに、セキュリティーシステムの開発・販売を手掛けるセキュア(東京・新宿)のソフトを導入した。端末に内蔵された小型カメラを活用して、登録利用者以外による「のぞき見」を検知すると画面をすぐロックする。

金融機関に求められる高い安全性を確保するため、周囲の映像と画面イメージ、端末の操作履歴を自動保存し、情報漏洩の懸念がある場合に検証できる機能も付けた。

従来は、情報漏洩を防ぐ観点から出張時を含めて業務端末を社外へ持ち出すことを原則禁止していた。今回の施策で、子育てや介護に携わる社員が働きやすくなるだけでなく、災害発生時やインフルエンザ流行時にも自宅で作業を進めることができるようになる。

年末まで九州FGでシステムの検証・改良や活用事例の蓄積を進める。来年からは傘下の肥後銀行、鹿児島銀行にも導入する予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン