/

この記事は会員限定です

金の現物価格上昇 個人の店頭での売却も増加傾向

[有料会員限定]

金の現物価格が国内で上昇している。米の追加利上げが見送られるとの見方から、金利のつかない金に投資マネーが流入。国際価格が上がっている。円安も重なり、1年ぶりの高値圏で推移する。相場の上昇を受け、地金商による買い取り量も増加傾向だ。

世界経済の減速懸念や米利上げへの打ち止め感が金融市場で台頭。金価格の国際指標となるニューヨーク先物は日本時間19日午後の時間外取引で、一時1トロイオンス1330ドル前後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り287文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン