2019年8月18日(日)

人間の膵臓、ブタで作る 糖尿病治療へ道(Nexttech2030)

2019/2/20 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

臓器移植は重要な医療の手段だが、ドナー不足はなかなか解消しそうにない。そんな中、動物の体を利用して膵臓(すいぞう)や腎臓などの臓器を作り出そうと挑んでいるのが、明治大学の長嶋比呂志専任教授だ。様々な作製手法を研究しており、2030年代には人類が動物に頼って臓器を確保する道がみえてきているかもしれない。

「ブタの膵臓か、ブタの体内でつくった人の膵臓があります。どちらがいいですか」。30年代、患者は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。