2019年6月27日(木)

C型肝炎薬が国内首位に、18年の医薬品ランキング

2019/2/19 17:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米医薬コンサルティングのIQVIAは19日、日本国内における2018年の医薬品売上高ランキング(薬価ベース)をまとめた。米アッヴィのC型肝炎薬「マヴィレット」が首位となった。市場全体は1.7%減の10兆3374億円。薬価引き下げの影響から2年連続で市場規模は縮小している。

マヴィレットは17年11月に国内販売が始まり、一気に普及した。C型肝炎薬が首位となったのは16年の米ギリアド・サイエンシズ「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報