/

この記事は会員限定です

C型肝炎薬が国内首位に、18年の医薬品ランキング

[有料会員限定]

米医薬コンサルティングのIQVIAは19日、日本国内における2018年の医薬品売上高ランキング(薬価ベース)をまとめた。米アッヴィのC型肝炎薬「マヴィレット」が首位となった。市場全体は1.7%減の10兆3374億円。薬価引き下げの影響から2年連続で市場規模は縮小している。

マヴィレットは17年11月に国内販売が始まり、一気に普及した。C型肝炎薬が首位となったのは16年の米ギリアド・サイエンシズ「ハ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り455文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン