2019年6月18日(火)

英運用会社のオデイ、レオパレス株11%超保有 不祥事後も買い増し

2019/2/19 20:30
保存
共有
印刷
その他

英運用会社のオデイ・アセット・マネジメントがレオパレス21株を11%まで買い増したことが、19日分かった。7日に建築基準法違反の疑いがあるアパートが新たに見つかり、業績を下方修正。8日以降、株価は連日で値幅制限の下限(ストップ安水準)まで下げたが、オデイはさらに買い増していた。保有目的は「純投資」としている。

オデイが19日、関東財務局に提出した変更報告書によると、13日時点の保有割合は11.04%。レオパレスは7日の取引終了後、建築基準法違反の疑いがあるアパートが新たに1324棟見つかったと発表し、2019年3月期の業績予想を下方修正した。

8~13日に株価はストップ安となったが、オデイは8~13日に441万2800株(1.8%)を買い付けていた。

オデイによるレオパレス株の大量保有が発覚したのは18年8月。レオパレスによると、オデイとは「四半期ごとの決算報告など、定期的に連絡をとっている」という。

19日のレオパレス株は7日ぶりに反発し、一時前日比27円(13%)高の228円を付けた。終値は12%高の226円だった。「一部の機関投資家の買い増し発覚を材料にして、短期のさや取りを狙う個人の買いが集まった」(松井証券の窪田朋一郎氏)との声があった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報