2019年5月21日(火)

中国ハイセンス、有機ELテレビを日本で4月発売

2019/2/19 15:22
保存
共有
印刷
その他

中国家電大手の海信集団(ハイセンス)の日本法人、ハイセンスジャパン(川崎市)は19日、有機ELテレビを4月上旬に発売すると発表した。同社はこれまで、日本では低価格品を中心に展開してきた。昨年にハイセンスグループが傘下に収めた旧東芝系の技術も生かし、上位機種にも参入して事業を拡大する。

ハイセンスが4月に発売する有機ELテレビ

ハイセンスは有機ELテレビでテレビの上位機種に参入する

新製品の有機ELテレビ「55E8000」は、ハイセンスが買収した東芝映像ソリューションと共同開発した映像エンジン「レグザエンジンネオプラス」を搭載している。昨年に両社で開発した「レグザエンジンネオ」を改良した技術で、岩内順也営業部長は「日本で求められる基準の画質を提供する」と話した。

4K放送を視聴できるチューナーも内蔵しており、価格は55型で23万円前後を見込む。「新規参入なので、知ってもらいたいという意味も込めてこの価格帯に抑えた」(岩内氏)という。

李文麗社長は「東芝の高画質エンジンと(使いやすい)スマートシステムを融合した」と述べた。ハイセンスは日本でシェア10%を獲得する方針を打ち出している。普及価格帯から上位機種まで幅広く展開し、シェアを拡大していく。

(岩戸寿)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報